2012年08月15日

平成24年度 愛知県介護支援専門員協会 総会・研修会 開催報告

DSCF1033re.jpg 去る7月28日、『平成24年度愛知県介護支援専門員協会総会・研修会』が名古屋商工会議所にて開催された。










DSCF1047.JPG 会場では恒例となった『出展コーナー』にて専門書籍の割引販売や、栄養機能食品、嚥下リハビリ食等の試供品配布も行われ、111名の参加者による活気のある総会・研修会となった。








DSCF1062re.jpg 研修会では大阪市立大学大学院生活科学研究科教授の岩間伸之先生を講師に迎え、『事例を可視化する〜対人援助技術の実践力を高める・本人と向き合う〜』と題し、まず前半に岩間先生による講義が行われ、事例を可視化する上で大切な『価値』等について学んだ。







DSCF1094re.jpg 後半は事例提供者として居宅介護支援ハートサービス近藤管理者の近藤芳江氏を交え、実際に近藤氏の提供事例を使った『可視化』が参加者の前で進められた。

 岩間先生と近藤氏とのやり取りの中で提供事例での実践を振り返り、岩間先生の助言、アドバイスにより『本人の想い』や『本人の内面の変化』の確認、意味づけ、解釈が展開され、今後の実践での事例の理解が深まる研修会となった。


会員ページでさらに詳しく読む


 この研修会の開催案内は、こちらの「平成24年度 愛知県介護支援専門員協会 総会・全体研修会 開催のご案内」をご覧下さい。

昨年度の様子はこちらの「平成23年度総会・講演と演習 開催報告」をご覧下さい。
posted by 愛知県介護支援専門員協会 at 23:50| 研修会等開催報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする