2012年03月14日

書籍紹介「症状から学ぶ医療知識」

 平成23年7月30日の当協会主催の研修「医療のアセスメント力をつけよう」でご講演を頂きました、名古屋大学医学部付属病院在宅管理医療部長の鈴木裕介先生が、ケアマネジャーさんを対象に「症状から学ぶ医療知識」を執筆出版されましたのでご案内いたします。

 ご希望の方はこちらの指定申込書(pdf)を用いて中央法規出版にFAXにてお申込み下さい。会員特別価格(送料サービス)で購入頂けます。

【書籍名】「症状から学ぶ医療知識」 中央法規出版 B5判 294頁

【編著】葛谷雅文(名古屋大学大学院医学系研究科教授)
    鈴木裕介 (名古屋大学医学部附属病院在宅管理医療部部長)

【定価】2,730円(税込)
    愛知県介護支援専門員協会会員の方は、会員特別価格2,457円(税込・送料込)でご購入頂けます。
  

【目次】
 1 概論

 2 遭遇しやすい症状の理解と対処法
 (1)認知症 (2)尿失禁 (3)嚥下障害 (4)転倒・骨折 (5)うつ (6)せん妄 (7)妄想 (8)発熱 (9)脱水 (10)不眠 (11)息切れ (12)貧血 (13)下腿浮腫 (14)難聴 (15)腰痛 (16)視覚障害 (17)関節痛 (18)便秘 (19)めまい・ふらつき

 3 高齢者に起こりやすい疾患の知識
 (1)脳卒中、神経疾患 (2)運動器疾患 (3)内科疾患

 4 在宅生活を送る高齢者にとって重要な医療とケア
 (1)終末期ケア (2)栄養管理 (3)胃ろう (4)在宅中心静脈栄養 (5)排尿ケア (6)呼吸器管理 (7)褥瘡ケア (8)感染症対策 (9)薬物療法

【解説】
 ケアマネジャーの仕事を支える新シリーズ。苦手意識をもつ人が多いといわれる医療知識。

 本書は、認知症、転倒、息切れ、脱水、せん妄、など、業務のなかで出会うことが多い「症状」(老年症候群)に重点を置き、発生のしくみや対処のしかたなどをわかりやすく解説する。

【注文方法】
 こちらの「申込書」(pdf)を印刷、ご記入の上、FAXにてお送り下さい。

 FAX送信先:058-231-8756

※24年度総会・研修会の会場でも、中央法規出版より販売予定です。
posted by 愛知県介護支援専門員協会 at 21:00| 書籍の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする